現代生活に合うように、自分向けに健康法をカスタマイズする

規則正しい生活をして、栄養バランスの取れた食事を摂り、適度な運動をして良く眠ることが出来れば、体は健康であるというのが生活の知恵として基本かと思います。

しかし、人の生活はいよいよ便利になり、皆やりたいこと達成したいことが増え、それに伴ってこなしていかなければならないことの分量も増えました。

すると、そのように体をメンテナンスしながら暮らしていくことがなかなか困難になっているはずです。

人のニーズに合わせて動くと生活は不規則になりがちですし、栄養たっぷりの食事を自分のために用意している暇はありません。

忙しくしていれば用事が終わった時運動が出来る体力など残っていないということも多いでしょう。そして、疲れすぎて眠れなかったりします。


このようなタイプの現代的な健康問題を解決していくためには、ストレスが一番の大敵になる型の生活であると自覚して、対策していくことが重要です。

やはり昔から健康によいと言われている方法が正しいことには違いなく、そこからずれている生活をしていたら体に悪いのは否めません。

ただ、そのような情報に関しても日々アップデートされていくものですし、それなりに健康を気遣って暮らすことはでき、生活していくためにはそれが出来れば御の字というところが本音になるところではないでしょうか。

あとは病は気からということで、気持ちがしっかりしていれば案外元気を保てたりするのです。
なので、健康のことを気遣えないためにストレスがあり、それで日々の課題を前向きに向かっていけないという状況が生まれることをまず解決するのがよいです。自分の生活が不規則になりがちな方なら不規則で仕方がありません。それを前提として、自分の体が喜ぶことをしてあげると生産的です。

健康のことを気遣う時、自分が何が出来ないから気になってストレスがかかるかを考え、それに対する自分なりの方法を、今世の中にある健康法からカスタマイズして考えてみましょう。
例えば、決まった時間に眠れないなら、昼間にちょこちょこうたた寝をしてしまって、それだけでも良いとその時は考えておく方がよいです。

最悪でもそれが何日か続く辺りでぐっすり眠れたりもします。

久しぶりにぐっすり眠れそうな日にはもうすぐ倒れ込んでしまって、夕ご飯などカットしたって構わないでしょう。翌日調子を見て、ご飯量を調節すればよいです。
また、自分はどのような時に食欲がなくなって、その状態の時に合う食材は何かを考えてみることを勧めます。

自分が欲しくなるものでも構いませんが、そのような時の疲労に対し効く栄養と言われる食材で食べたいものであればベストです。

サプリメントも大事ながら、食材を摂らないことには胃腸が弱っていくので、何がしかは口に出来ることが好ましいです。
運動についても労力が捻出できないなら無理はしないで、軽いストレッチや体操のようなもので生活にまつわる筋力だけは非力にならずに済むような体の整え方をしておくとか、職場に向かう間のある区間の道のりは少し小走りに走って体を温めることにしようとか、工夫をしましょう。
気持ちが負けてしまうことを最小限に抑えて、せっかくの現代特有のライフスタイルを楽しめるといいですね。

そう暮らしていると、もし体を壊して病院に掛かった時にも、早く良く治っていけるはすでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です