生活習慣病対策と食事療法について

現在人にとって年齢を重ねるごとに訪れる問題が成人病です。
生活習慣病とは何なのか。糖尿病・高血圧・脂質異常症、高尿酸血症などが代表格です。

肥満などの生活習慣の乱れによるものも原因の大きな要因です。このような肥満や疾患の複合状態を「メタボリックシンドローム(通称:メタボ)」と、呼んでいます。
また、癌、脳血管疾患、心臓病の3代疾患も生活習慣からの原因です。
生活習慣は「食事・喫煙・運動・飲食」の習慣の事で、最も高危険性は「喫煙」です。

スウェーデンの追跡調査でも死亡リスクで1.92倍の1位、そして2位は糖尿病の1.64倍です。
「喫煙」においては最近、喫煙コーナーが定められ、全館禁煙も常識です。
「電子たばこ」が代替品で販売され、東京オリンピックの前には「受動喫煙防止条例/受動喫煙対策法」が実施されます。

成人病対策は、生活のスタイルを変えてみしょう。
1次予防は「健康を増進して、病気の発症を予防する」。2次予防は「病気の早期発見と治療する」。3次予防は「治療により進行を防ぎ回復方向へ目指していく」です。

運動療法や食事療法、禁煙指導もあります。
薬物療法・・・ニコチン依存からの脱却、禁忌がない場合は、ニコチン代替療法が有効的です。
運動療法・・・適度な運動をして、心臓、肺、筋肉を強化し、肥満も解消、血糖値、血圧も下げます。
運動療法士や運動生理学の専門家で健康状態を測定、結果に基づき有酸素運動を指導してもらう。

食事療法・・・糖尿病、高血圧、高脂血症等は、栄養バランスの取れた食事を実施し、摂取後は、好きなものを料理しましょう。
食事療法は栄養管理士が担当、エネルギー代謝量や、基礎代謝量、筋量を算出してもらい、個人レベルの摂取エネルギー、栄養素量の指針を提供してもらいます。
さらに運動療法によるビタミン、ミネラル、活性酸素レベルを計測、栄養補助食品摂取量、食事のタイミング等の栄養指導もしてもらいます。

喫煙は、
薬物療法・・・ニコチン依存からの脱却、禁忌がない場合、ニコチン代替療法が有効的です。
行動療法・・・ストレス、睡眠不足、環境、行動等は、その対処、問題解決方法、アドバイスをする行動療法を併用します。
成人病高尿酸血症の人は「プリン体」を多く含んでいる食品をよく食べる傾向にある為、プリン体の多い食品は控えましょう。
プリン体の多い食品は、レバー、あん肝、イワシ、エビ、煮干し、豚骨等、
プリン体の少ない食品は、主に豚肉、牛ロース肉、ベーコン、ウナギ、卵、豆腐、さつま揚げ、ニンジン、キャベツ等です。

尿をアルカリにすることも大切です。
高尿酸血症や痛風の人は、アルコール、肉類、魚介類以外にも野菜・果物・海草等食品を摂ると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です